《enku》 Japanese Indego Leather
素材製作コレクション取扱い店コンタクトニュース



enkuの藍染革





藍の葉を発酵させたすくもと呼ばれる染料から藍を建て、
天然の藍のみで染色しております。
一切色を足さず藍だけでここまで濃く綺麗に染まるのも
染料と手間を惜しまず何度も染め重ねている為です。

革は布より染まりにくい素材です。
時間をかけながら徐々に色づき、
奥深さを増していく工程は、
革を育てているような感覚。
手間をかける時間が長い程、愛着も増していきます。
ですので私にとって小さな小さなハギレでさえも大切なものです。

染める際には
革の状態、藍の調子、気温や湿度・・・
コンディションにより染料も吸収率が違ってきたりと
定まっていない自然のものが相手なので
気を配ることが沢山あります。
何度も失敗を繰り返してきて得た知識や経験から
目や手で触れながらの感覚で微調整していきます。

染料を吸った半裁革の重量は7kg、時には10kgにもなります。
それを一枚一枚手作業で染めては乾かしを何度も繰り返しながら
数日かけてゆっくりと染めていくので
糸や布では考えられないような体力と神経が必要です。

ブライドルレザーやグラデーション染め
昔ながらの米ぬかともち米糊を使った型染めなど
藍染革を様々な染め方で表現しています。
例えばポーチだったら柔らかいしっとりと手触りの良い革、
財布には少し厚みがあって艶やかなハリのある革、
染め手であると同時に作り手でもあるので、
ものづくりの最終地点まで想像しながら仕立てています。

革というものは不思議なもので
同じものを作っても、使い手により様々な表情に変わってきます。
共に過ごした時間を纏う一番身近にあるお気に入りの革が
より自然に近い温かみのあるものであったらと思い作り続けてきました。

今までもこれからも変わりなく、革で表現する藍色で
一番綺麗だと思える色を追及し続けていきます。
少しでも藍染革の可能性や楽しさを感じていただけたら嬉しいです。

enku 原田賢一







Copyright (C) enku All Rights Reserved.