《enku》 Japanese Indego Leather
素材製作コレクション取扱い店コンタクトニュース




基本の藍染革 [Migaki](磨き) 、 [bridle](ブライドル)に加え、
下記の各種染め技法にも対応しております。
藍染革の可能性や楽しさを感じていただけたらと思います。







基本の藍染め、徳島産すくも藍を天然灰汁発酵により時間をかけて藍建てしていく、古来からの手法です。
藍の状態を維持していくには大変手間とコストがかかりますが、天然本藍染めならではの色合いや肌触りなど独特の存在感があります。
本藍革



薄い和紙を柿渋で貼り重ねていき1枚の彫刻紙を作ります。
これに細かな柄や文字などを彫り抜きます。
彫り抜いた部分に防染を施し藍染していきます。
そうして、デザインした模様を浮かび上げていく手法です。

enkuではオリジナルの型染めも行っております。独自の柄や文字をデザイン、またお名前の型染めなどご相談下さい。
※細かな線や複雑な形など、お受け出来ない場合もございます。

●江戸小紋の型染詳細ページ
型染め
型染め



限りなく広く澄んだ世界。成層圏のグラデーションをイメージし藍染めで革に表現しました。
天藍革



撒き蝋の技術を使って染色した藍染革です。
蝋には防染効果があり、それを利用して細かな点描を施しました。
数多の星に思いをはせ、吸い込まれるような満点の夜空をイメージしています。
数多


 
絞りと撒き蝋の技術を使って染色しました。
平面的な革の色表現を超えた 躍動感のある表情が特徴です。
まるで宇宙を漂っているかのような、雲のようにひろがって見える天体や無数の星々をイメージしています。
星雲


 
藍染めを施した革に松煙(しょうえん)から作る天然墨を使用し刷毛で縞模様を出して染めた墨縞革。
書道などで使われる墨汁とは異なり適した強度のある墨を作り染色を行います。革にあった墨や水分に溶け出さないように染めていくのは、江戸小紋に匹敵する時間と神経を要する難易度の高い技法です。
墨縞藍



藍染めを施した革に、松煙(しょうえん)と膠(にかわ)から作った天然墨を染め重ねた黒藍革。
表面は深墨色ですが、下層に藍があるため折り曲げた個所や長く使っている部分など密かに藍色が見えてきます。
墨色と藍色の調和が綺麗な逸品です。
墨藍革



日本古来から親しまれ、1000年以上の歴史があると言われている鹿革。
古くは狩人や修行僧などの履物やカバンなどに使われ、また手触りの良さや丈夫な事から侍たちの武具などにも活用されたと言われております。
一説には、日本最初の藍染革は大名の刀周りや鎧の一部に装飾効果として鹿革を用いられたとされております。

● 鹿革(伊豆鹿革)プロジェクトについて
鹿藍革



雪のある環境下で行う事ができる染色方法。
藍染め後の革に雪を被せ、雪中で酸化発色を行う事により、 雪の模様を革に映しこむ事が出来ます。
雪の中に空洞になっているところと、革に密着しているところがあるために濃淡が生まれ氷の粒感が再現されるのです。
革が凍らない程度の時間で引き上げる積雪時に独自のアイディアで生み出したオリジナル技法。
 
※季節限定生産革
雪藍革






 
enkuの藍以外の草木染めの革シリーズです。
季節を通して様々な草木染めを行っております。

●草木染革ページへ
草木染革

草木染革


Copyright (C) enku All Rights Reserved.